odani misako
Archive

news

旱に雨

2017.04.15
一年振りに弾き語りツアーをする。
オホホ。
ツアータイトルは、
初めてじっくり考えて決めた、
「旱に雨」ひでりにあめ。
切望していたことが実現した喜び、
待ちかねていることのたとえ。

私が切望していたことは、そうそう、
ずっと自分やお客とちゃんと向き合って、
歌い続けること。
とりあえず長く続いたので、オホホ。
そして、お客ちゃんの存在は私にとって、
正に旱に雨であった。

他のタイトル候補は、「地獄で仏」で、
同じような意味。

地獄で仏に会えたかのように、
お客ちゃんとの再会を喜びたい。
絶対に来て貰いたい。

3月11日

2017.03.11
東日本大震災、福島原発事故から6年。

災害に遭った人にも遭わなかった人にも、それぞれに苦悩と闘う日々がある。ただ今日3月11日は、東日本大震災と福島原発事故により、生命や生活のリズムを忽ち奪われた人々のことだけを想い、個々のとぎれとぎれの支援を重ね今一度繋いでいきたい。



義援金(県内の被災者に対する生活支援)について - 福島県ホームページ
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/ps-gienkin-hisaisyasien2.html

東日本大震災みやぎこども育英募金 - 宮城県公式ウェブサイト
http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/kihukouza.html

岩手県 - 支援事業リンク集
http://www.pref.iwate.jp/shien/link/index.html

謹賀新年

2017.01.02
2017年、あけましておめでとうさん。
今年もツアーや20thイベント、
新作発表などなど、20年分のベストを尽くします。

日記はノロノロ、インスグラムはボチボチ、
ツイッターはわりとサクサク発信します。

今年もよろしゅー。

image0101_2.JPG

image0101_1.JPG

20周年

2016.10.23
長らくツイッターとインスタしかアップしていなかったけど、
流石にそろそろ日記更新。汗

うわわ。
2016年10月23日、デビューから丸20年になりました。
先ずは、Hipland Music、MCA Victor、
Universal Music、東芝EMI、
Music for life、HILLSTONE、
媒体、イベンターの皆さんに、心から感謝です。

そして、スタッフとお客ちゃんと親友、家族、
沢山の音楽家に褒めて貰って、
幼少期から父が「おまえは天才、本物だ」と、
アホな私を褒めてくれたおかげで、自尊心を保って、
歌い続けてこられました。感慨無量です。

21年目からも、褒められたら成長し、
無視をされたらドスのきいた声で歌い、
笑われたらお地蔵さんの様に無心になり、
全てを音楽の糧にして生きて行こうと思います。
相変わらずな私ですが、20年前より少し愛想も良くなり、
機械を使った作曲の手法も加わり、成長はしていると、
自分では思います。これからもよろピく。

来年は、
オダニ20thウハウハハーレムイベントを開催する予定です。
皆さん絶対に観に来てください。


写真はミュージシャンのサイン入り1th albumです。
サインをして下さった、
ジョン ロビンソン氏は、「嘆きの雪」などのドラムを、
デヴィッド キャンベル氏は、
1th、2nd albumのストリングスの指揮、
「うたき」~「Night」では編曲と指揮を、
佐藤準さんは1th、2ndの全体の編曲をして下さいました。
皆さん偉大な音楽家、お宝サインです。自慢です。
因みに、エアロスミスのアルマゲドンの曲の、
ストリングス(指揮スージー カタヤマ氏)と、
「Night」のストリングスがほぼ同じ演奏者です。
「火の川」あたりも。自慢です。
ついでに「火の川」のアイリッシュフルート、バグパイプは、
映画タイタニックのテーマ曲を演奏した方と同じです。
自慢です。ミーハーです。

偉大な音楽家に、自分の楽曲を手掛けて貰えたことは、
私の人生最大の自慢であり宝です。
お金を貯めて、また大好きな音楽家と共演することを
楽しみにゴソゴソ頑張ります。

コサミ二ダオより
↑21年目からこれをアーティスト名にしようかな。
人生、折り返しということで。

odani_dialy1023_1.JPG

odani_dialy1023_2.JPG

3月11日

2015.03.11
東日本大震災から4年、黙祷。
きっと、みんな今日だけじゃなく、
洗濯物を干している時、
帰り道のふとした時、
日々日常の彼方此方で、想っている。
まだまだ苦しい人を想っている。
少し元気になった人を想っている。
安らかに眠るあの人の夢の中で、
元気な私達の姿を
あの人に見せたいと願っている。

震災後、初めて東北を訪れた時、
目の前の光景も、
ただ吹くだけの潮風さえも、
足が震えるほど哀しかった。
あれから4年、
去年GAMA ROCK FESにて、
お客さんの力強い眼差しに包まれ、
強堅な意志のある、
民による復興の光が見えた。
勇気を貰うばかりの4年だった。
できることは、何でも続けていきたい。

2015

2015.01.04
image150104.JPG


2015年になったんだな。

去年は驚くほど強引に、
試練の風に巻かれながら、
人の痛みを知る年だった。

今年は新たに知った痛みや強さ、
勇気や喜びを歌っていきたいと思う。

〈新年ご挨拶_twitterより〉

@odanimisako:
明けたね。
おめでとう。
とりあえず今年を生きてみよう。
透き通るほど真新しい年に、
飛び込んで行くように。
今年もよろピくです。